勝手気ままに楽しんで・・・Ⅱ

2017 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫03

樹の模様。

2014/07/13(Sun) 10:15
日南市のトロピカルドームで出会った樹木の模様。


DSC_2741-005.jpg




DSC_2690-003.jpg




DSC_2711-001.jpg




DSC_2735-006.jpg

こんなん探してみると結構面白いよ^^


    
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真






日南 コメント:8 トラックバック:-

小布施の滝。

2014/07/10(Thu) 08:44
日南の旅から。


DSC_2605_01-002.jpg

「小布施の滝」
今から200年ほど前、ある継母が元妻の子を殺害せんとして、この滝に連れて来て突き落としたのである。
が、知らぬ間に子供が自分の腰紐と継母の腰紐を結んでいたので二人とも転落して死亡した。
このとき小布が枝に引っかかり残っていたので人々は哀れと思い「小布施の滝」と呼ぶようになったと伝えられている。

なんだかなぁ・・・・


DSC_2615-004.jpg




DSC_2607_01-001.jpg




DSC_2629-002.jpg

九州が台風圏内に入ったとか。
宮嵜日南のお世話になった皆さまご無事でしょうか。十分注意をしてくださいね。
こちらは台風の影響なのかただの低気圧なのせいかジメジメしててたまに日差しがでたり変なお天気です。


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真








日南 コメント:5 トラックバック:-

芋焼酎の古澤醸造見学。

2014/07/07(Mon) 10:36
日南市旅行の二日目は朝から雨。
で、旅の最後の締めくくりに芋焼酎醸造の蔵を見学させて頂いたのです。

明治25年創業、日南市の古澤醸造は、「八重桜」を継いできた蔵の宝は、創業時に建てられた仕込み蔵と、その中で100年以上継がれてきた「蔵付き酵母」です。

杜氏の古澤昌子さん。ちゃんとお顔を撮らせて頂けばよかったなぁ・・・・反省。
page_20140707100423cc5.jpg

創業以来使い込んでるかめだそうです。ピッカピカです。詳しい工程はこちら⇒ 焼酎造り工程
page2_20140707100425194.jpg

新しい蔵には飫肥杉が使われていました。油分が多く湿気をはじくそうです。(合ってるかな?)
page1_20140707100424f7f.jpg


ずうずうしくもご自宅でお茶のお呼ばれされちゃいました。
page3_2014070710042767a.jpg
古澤昌子さん、お忙しい中本当にありがとうございました。
美味しい芋焼酎が出来るまで大変なご苦労と作り手の気概と100年の重みを感じました。
詳しい事はこちら⇒ 『古澤醸造』


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真










日南 コメント:6 トラックバック:-

洞窟の中の鵜戸神宮。

2014/07/02(Wed) 09:58
太平洋に突き出した鵜戸崎岬の突端にあります。
神武天皇の御父君ヒコナギサタケウガヤフキヤエズノミコトを祀っています。


DSC_2417-001.jpg



DSC_2419-002.jpg




DSC_2423-003.jpg



そして、洞窟の中に朱塗りの色鮮やかな御本殿がご鎮座するのは珍しく、洞窟の岩が圧巻です。

DSC_2425-004.jpg
古事記では
山幸彦が海のワタツミの宮から陸に戻ってきた後、妻のトヨタマヒメが追いかけてきて陸で山幸彦の子を産んだという。
出産の時、トヨタマヒメと山幸彦が交わした約束が破られ、怒って海に帰ってしまう。
しかし、生まれてきたヒコナギサタケウガヤフキヤエズノミコト(長っ!)が寂しがってるだろうと自分のお乳を引きちぎったものがお乳岩であるという。
※お乳岩を撮ったけどブレブレだったのでごめんちゃい。

っていうより産んだ子を置いて行くか?!連れて行きなさいよ!^^


DSC_2437-005.jpg
男性は左手、女性は右手で願いを込めながら運玉を投げ、亀石と呼ばれる岩の枡形に入れれば願いが叶うといわれています。
私も投げたよ。見事!
全部外れ~!

DSC_2439_01-006.jpg
帰りは石段を上ります。

案内して下さった竹平さん一家は毎年お正月にお参りに来るそうです。
日南に行かれた際はぜひ訪れてみてくださいね。素晴らしいですから。


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真









日南 コメント:13 トラックバック:-

日本の原風景。

2014/06/28(Sat) 07:57
日南市には美しい飫肥杉に囲まれた棚田百選に選ばれた「坂元棚田」があります。


DSC_2564-001.jpg




DSC_2568-002.jpg

今回も地元の竹平さんにすべてお任せし選んでくれたコースです。
私好みの場所ばかり選定してくれて嬉しいのなんのって!


DSC_2581-007.jpg




DSC_2576-006.jpg




DSC_2585-005.jpg
顔出しはイヤなんだって。



DSC_2598-009.jpg

もう少し撮り方があったろうにと思うけど頭の柔軟性がないので同じような写真ばっかです。
もう3回くらい行くといいのかも^^


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真








日南 コメント:12 トラックバック:-

梅雨時の朝陽。

2014/06/25(Wed) 07:03
DSC_2523-002.jpg
「ホテルシーズン日南」からわずかな朝陽を眺める。



DSC_2551-003.jpg

サッカーW杯、現実は辛い結果となりました。
みなさん、応援大変お疲れ様でした!

やっぱり安木?松木?の解説は煩かった・・・・・・敗因は彼か?^^


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真






日南 コメント:9 トラックバック:-

鬼の洗濯板と海岸線。

2014/06/23(Mon) 09:24
青島をとりまく波状岩は、「鬼の洗濯板」と呼ばれています。


DSC_2384-004.jpg

約700万年位前に海中で出来た水成岩(固い砂岩と軟らかい泥岩が繰り返し積み重なった地層)が隆起し、長い間に波に洗われ、固い砂岩層だけが板のように積み重なって見えるようになりました。

DSC_2358-003.jpg




DSC_2354-002.jpg


青島から南約8kmの海岸線に見られます。

DSC_2406-002.jpg
赤いサンゴシトウとブーゲンビリア。

もやってます。
雨のせいとあの国のなんとかというのが影響してるのかも。

DSC_2412-003.jpg


本日のおまけ!(あっ、いつでもおまけがあるわけではありません。)

ジェイソンーー!見っけ^^

DSC_2386-006.jpg


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真






日南 コメント:7 トラックバック:-

恋が叶う青島神社。

2014/06/20(Fri) 18:55
日南海岸に亜熱帯植物ビロウ樹(ヤシ科)で覆われ鬼の洗濯板で囲まれた「青島」があり、その中に「青島神社」があります。


DSC_2350_01-001.jpg


「青島神社」
古事記の中に、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの息子で海幸彦と山幸彦という神様の話がある。

DSC_2364-001.jpg
山幸彦が兄の海幸彦の釣り針をなくし海へ探しに出た。
その途中、山幸彦は海のワタツミの宮で出会ったトヨタマヒメと結婚し、3年後に戻ってきた時に着いたのが「青島神社」と言われる。


DSC_2368-004.jpg
兄ちゃんの釣り針は探さず嫁ちゃんとイチャイチャしてたんかい^^
三年後に気づいて(遅っ!)、ヒメの父ちゃんが見つけたそうな・・・・どんだけ~!^^



page_20140620212024c58.jpg
ビロウに囲まれた密林の中にある神社なんて珍しいです。一見の価値あります。
御利益:縁結び・夫婦和合

次回は「鬼の洗濯板」です。


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真







日南 コメント:10 トラックバック:-

日向(宮崎)神話はここから。

2014/06/17(Tue) 10:00
さぁ、みなさんちょこっとだけお勉強を。

「江田神社」
日本の島々を産んだ「国産み」という神話に登場する日本最古のご神体イザナギノミコトとイザナミノミコトが祀られています。いわゆる日本の始まりの神様が祀られてるっちゅうことです。

以下、「神話と伝説のふるさと」宮崎で神話の舞台めぐる!から引用しています。


DSC_2267-001.jpg

「みそぎ池」

DSC_2316-007.jpg
古事記では先に死んだイザナミノミコトを死者の国まで追いかけたイザナミノミコトがここで禊(みそぎ)をしたという。
禊(みそぎ)の際に滴った水から産まれた神々の一人が太陽の神、天照大御神(アマテラスオオミカミ)と書かれています。


DSC_2310-006.jpg



DSC_2308-005.jpg



DSC_2292_01-003.jpg



DSC_2278_02-001.jpg
全国の神社で奉納される祝詞(のりと)に出てくる「筑紫の日向の端の小戸の阿波岐原」とは、この「みそぎ池」の場所を示します。
※筑紫=九州 
※日向=宮崎

DSC_2330-008.jpg

小さい頃、「天照大御神」と書いた掛け軸を、「てんてらだいごじん」と読んで大笑いされたのでした。


DSC_2266-002.jpg

なんと神武天皇までここ日向(宮崎)の神社で祀られているのです。知ってた?
今回の日南の旅はこの神話に関係する神社を回ります。


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真










日南 コメント:7 トラックバック:-

宮崎県庁と「海幸花月亭」。

2014/06/13(Fri) 16:49
「宮崎県庁」
宮崎県庁本館は1932年に建設された。現役の県庁・本庁舎としては日本で4番目に古い。
2007年に東国原英夫が宮崎県知事に就任した後は観光地としての役割も担っており、2009年9月14日に見学者が100万人を突破した。ただし、現在の観光客はばったりだと地元の人は言うが・・・・


DSC_2336-005.jpg



DSC_2337-006.jpg
職員の方がお仕事中なのに2階まで観れます。写真もOKです。趣きのある建物を維持していくのも大変でしょうね。
大理石ですよ。なかなか素敵でした。

DSC_2339-007.jpg


県庁前の橘通りはクスノキがいっぱい。大好きな木です。
その枝になにやら蘭の花が!

DSC_2333_01-001.jpg

ほら!

DSC_2334-003.jpg
宮嵜は暖かいから枝にくくり付けてるだけでこうして根付くんだね。とってもステキ。


ブログやFB友達でもある日高さんのお店「海幸ヶ月亭」で昼食。

DSC_2345-008.jpg
右の方がこの2日間日南を案内しまくってくれた、やはりブログとFBつながりの竹平さんです。
5年前丸2日間案内してくださいました。お世話になりました!!!!


私が食べたのは、鶏の南蛮漬けと麦ごはんに冷や汁。南蛮漬けと冷や汁は宮崎名産です。

10372067_331394773676564_1401751810197070996_n-001.jpg
日高さん、大変美味しゅうございました!お腹いっぱ~いになって次の観光地へ向かうのでした。


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            
            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真









日南 コメント:5 トラックバック:-

日南のジャカランダ。

2014/06/12(Thu) 14:57
「世界3大花木の一つジャカランダ」
原産地アフリカでは葉が出る前に花が咲き、その季節になると日本の桜のようにあたり一面に咲くそうです。
色は青色か青紫、たまに白色もあるそうです。

ここ日南は栽培環境により桜で言えば山桜や大島桜のように葉と一緒に咲いてます。その葉がまた可愛いんだ。


DSC_2503-010.jpg



DSC_2495-008.jpg

高さは2mから30mほど。葉はアカシアやネムノキに似る。
花は円錐花序につく。花冠は5裂し色は青または青紫色、一部に白い種類もある。雄蕊のほかに長い仮雄蕊を持つ。
果実は偏平で卵形または長円形のさく果で、多数の種子を含む。


DSC_2461-004.jpg



DSC_2452-001.jpg



DSC_2480-006.jpg



DSC_2470-005.jpg


DSC_2491-007.jpg
花にピント合わせてもなかなか難しくて・・・それもそのはず花びらに綿毛のようなのがいっぱいついてるじゃないの。
これじゃ難しいよね。

5年前にこの花を日南の方のブログで見てどうしてもそばで見たくなり娘を誘って行ったのでした。
花つきの良い年とそうでない年があるようで全然咲いていない木も沢山ありました。でも、アフリカと環境が違うのだからそれは仕方ない事ですよね。
これを植えた人、育てた人、それから増やし続けている日南にも敬意を表します。

ありがとう、美しかったですよ。


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            
            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真







日南 コメント:11 トラックバック:-

日南の飫肥(おび)杉。

2014/06/11(Wed) 14:15
9日~10日、5年ぶりに宮崎県日南市に行ってきました。
世界3大花木の一つであるジャカランダの花を見るのが目的でした。
今日はジャカランダの花画像はまだ整理してないので、日南でもう一つ好きな飫肥(おび)杉の紹介をさせてね。


「飫肥(おび)杉」。
日南の山々には飫肥杉が林立しそれはそれは美しい景勝となっています。

DSC_2561-001.jpg




DSC_2589_01-001.jpg
まっすぐ伸びるように下の枝は掃います。


飫肥杉と早生苗と軽トラ。

DSC_2669_01-005.jpg

発祥は今から370年も前の元和時代、藩の財政を助けるために植林されたのが始まり。
油分が多く腐りにくい飫肥杉は江戸時代には主として船を造る弁甲材として、また建築材として使われ、全国から注文を受けていました。
その後飫肥杉は造林を重ね、明治、大正、昭和にかけて黄金時代を築きました。

花粉症でない私は杉の木は好きです。特に林立した飫肥杉の姿は惚れ惚れします。
地元の方は見慣れててただの景色の一部として見ているのでしょうね。

本当に美しい!


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            
            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真







日南 コメント:14 トラックバック:-
 Home 

・・

プロフィール

Author:mu.choro狸
猫、散歩、いろいろ写真です。
リンクフリーです。
でもお声掛けてね。

★写真アルバム
チョロちゃん

★おきてがみ 

癒し担当大臣

ぼくは小太郎(コタロ)012.4/6に近所で母ちゃんに保護されました。 縦4.27ムー・コタロ 013            あたしはチョロ。没011.1.10 16歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん        ボクはムー。没014,1,23 20歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん お花の注文はこちらから↓ Little*Antique

ランキング参加

ブログランキングならblogram

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

QRコード

QRコード