FC2ブログ

勝手気ままに楽しんで・・・Ⅱ

2014 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

近所散歩その2.

2014/05/29(Thu) 11:07
DSC_1984-002.jpg




DSC_1982-001.jpg


ヒルガオ?が女王様のように得意げに咲いてる。

DSC_1994-002.jpg

約5か月ぶりに美容院へ。
なんせじっと座ってるのが嫌でさ^^
いつものように雑誌(女性週刊誌を含む。)3冊を用意してくれた。週刊誌はざっと目を通すだけなんだけど今回は違った。

東大救急部の部長、東大教授・矢作直樹さんインタビュー記事が載ってて一気に読んだよ。
「救急の現場から霊や神を語る」というのだったかな。
東大病院は日本で一番と思いがちだが救急部においては平成22年に東京都から救命救急センターの認可を受けたばかりなのである。それに尽力された先生です。

学生時代は単独登山に明け暮れててある冬山を登ってる時に一千メートル下に滑落し怪我一つしなかったという。懲りずにまた同じ山を登った時前が見えないほどの(濃霧だったか雪だったか?)状態の時にはっきりとした声で「もう山へは来るな!」と聞こえたそうな。
以前に滑落して無傷だったこと、今回の声、神の存在を信じたそうです。それから山登りはやめたと言う。

 「摂理によって人は生かされており、肉体は滅んでも霊魂は永遠である。亡くなった人の霊に、いつも自分は見守られている。そのように考えれば、生きている限りは感謝の気持ちを持って生きられ、死に直面してもあわてずに済むのではないでしょうか」

大きなスタジアムで観客席があの世だと思えばいいと。そしてスタジアムで何かしているのが現生の私たちです。
だからあの世に行った家族や親しい人が観客席から見守ってくれてるのを想像してみろと。
だから間違った事は出来ないのだと言う。

女性週刊誌もたまにはいいかも。
(文中はほとんどがうろ覚えで書いてます。間違ってたらごめんなさい。)


     
     

いつもボクをポチッてくれてありがと♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


            
            携帯からはこちら⇒写真ブログ 日常写真









コメント:10 トラックバック:-
 Home 

・・

プロフィール

mu.choro狸

Author:mu.choro狸
猫、散歩、いろいろ写真です。
リンクフリーです。
でもお声掛けてね。

★写真アルバム
チョロちゃん

★おきてがみ 

癒し担当大臣

ぼくは小太郎(コタロ)012.4/6に近所で母ちゃんに保護されました。 縦4.27ムー・コタロ 013            あたしはチョロ。没011.1.10 16歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん        ボクはムー。没014,1,23 20歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん お花の注文はこちらから↓ Little*Antique

ランキング参加

ブログランキングならblogram

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

QRコード

QRコード