勝手気ままに楽しんで・・・Ⅱ

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

木戸をあけて。

2011/11/22(Tue) 13:54
    11.21 022


枯葉が主役のつもりで撮ってたけど、なぜかこの”節穴”が気になり~の。
ついでに、小椋桂の歌『木戸をあけて』の歌詞を思い出す。



                     11.21 021



『木戸をあけて』 家出する少年がその母親に捧げる歌

あなたの後ろ姿にそっと別れをつげてみれば あなたの髪のあたりにぽっと明かりがさしたような
裏の木戸をあけて一人夜に出れば 灯りの消えた街角足も重くなるけれど

僕の遠いあこがれ遠い旅は捨てられない・・・・・・・・・・・



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

人気ブログランキングへ

見に来たよーと知らせるバナーです。
おきてがみ


関連記事
散歩 コメント:20 トラックバック:0
コメント:
--こんにちは♪--

ん?テンプレ変わりましたね。
ワンカラムでシンプルですね~。
歌詞の家出少年は相当行きたいところがあったんでしょうねぇ。
反抗期でグレて家を飛び出すわけでもないのに
このひっそりと出ていく感じ。
ただならぬ事情を感じます(笑)

P♪
by: satoru * 2011/11/22 14:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

数日振りに来てみたら…なんか、変わりましたね。ブログパーツが何もなくなってる…
一瞬、パソコンが壊れたかと思いました(^^;
全部下に行ってたんですね。ははは…

小椋圭は知っているんですが、この曲は知らなかったですね。

そっと母親に別れを告げて出て行く息子、母はどんな気持ちで見送ったんでしょうね…。
木の節穴でこの歌詞を思い出すって、なんだかわかるような気がします。
by: sae * 2011/11/22 16:38 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは--

最近 木戸のあるうちなんて
少なくなりましたよね

扉も ドアーが多くて
敷居なんて ない家が 多いですし

昔ながらのお家を忘れちゃいそうです。。。
by: てっちゃん * 2011/11/22 19:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは。
ほんとに木の節穴が
アートですね。。。
おもしろい・・・(*^_^*)
by: usa104 * 2011/11/22 19:27 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2011/11/22 19:40 * [ 編集] | page top↑
----

こんばんは、muchoro狸さんー☆

木戸の柄が綺麗ですね。
その木戸から、母への思いを歌にする
小椋圭さんもすごいけれど。
その木戸から、小椋圭さんの歌を
思い出すmuchoro狸さんが好きです。
by: りもママ。 * 2011/11/22 19:40 * URL [ 編集] | page top↑
----

昔は木戸って珍しくもなかったのにね。
あー、歳を重ねたっちゅう事なんですね。
木の木目や節が暖かさを感じる写真で好きです。
by: yuyuno * 2011/11/22 20:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは
ウ~ン・・どうして・・
私は絵に出来ないんでしょ^^;
by: ただチャン * 2011/11/22 20:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

木戸、懐かしいですね。
表門とは別にあったのですよね。
子どもの頃、表門から入れるのは父とお客さまだけで、他の者は裏木戸から庭に回って家に入りました。
厳しい家長制度の名残りでしたね。
by: うふふ * 2011/11/22 20:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

mu.choro狸さん 今晩は。
おおっとぉ~・・テンプレが変わってから初コメントです。
木戸は見なくなりましたよ・・
 何となく 昭和の懐かしさが漂います。
小柳ルミ子の・・格子戸を~くぐり抜けぇ~・・・これも 珍しくなりましたね。
by: プチトマト * 2011/11/22 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは♪
こういう感じの木戸、最近は見かけなくなりました。
木目ってアートを感じますね。
今はせいぜい「木目調」のサッシですからね~^^;
by: tairiku * 2011/11/22 22:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

たしかに節穴、気になる!気になる!
さすが、目の付けどころが、ちゃいますね~
by: onorinbeck * 2011/11/23 00:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

違うとこにきたかと思って、確認してしまいました(笑)
すっきりしましたね!
断捨離?
レイアウトだけでこんなに変わるもんですか!
写真が凄く見やすくなり、周りがシンプルなんで余計映えるようになったと思います
昔は木戸がある家多かった・・・
いまじゃ見かけないですねえ
懐かしさがこみ上げます
by: タフィー104 * 2011/11/23 04:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

この木戸の向こうには

一徹 明子 飛雄馬

この一家が…。
by: ひばり組らん太郎。 * 2011/11/23 06:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

★satoruさんへ
写真だけのブログに戻ったのでワンカラムにしてみたけど、どうでしょうか。
この歌は小椋さん自身の経験だったような。
でも、彼は一ツ橋大出ているんですよね。

★saeさんへ
かなりすっきりしてびっくりしたでしょ^^
小椋桂の歌の中でこの歌が2番に好きなんです。
20代は彼の歌をよく聴いてました。

★てっちゃんさんへ
木戸のある家や、そもそも日本家屋が田舎に行かないと見れないんですよね。
敷居か、高いのよね。

★usaさんへ
節穴をそのまま使ったテーブルもあるし、いいアクセントになるんですね。
ファインダーを覗いてて気付いちゃった。
by: mu.choro狸 * 2011/11/23 08:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

★りもママ。さんへ
散歩してて何かをみつけて撮ってる時によく歌を思い出します。
そうすると頭の中で同じフレーズがグルグルと止まらなくなるんです^^

★yuyunoさんへ
木の板が古くなると木目や節がきれいな模様になるんですよね。
この姿が好きなんです。昔はそんなのばっかりだったのにね。

★ただチャンさんへ
最近は歩いててお花はキレイに咲いてるんだけど、撮るのはこういうのばっかりになりました。
きっと私の興味がそうさせるのかもね。

★うふふさんへ
うふふさんは名家の出身なのですね。
田舎の近所にそういうお宅がありました。
残念ながら実家はそういう門じゃなかったんです^^
by: mu.choro狸 * 2011/11/23 09:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

★プチトマトさんへ
まだそういう風情を残した地域もあるのでしょうが、近所ではまったくありません。
旧家だと見られますね。

★tairikuさんへ
そうそう、木目調のを張り付けてるんですよね。
という事は日本人はまだ木目が好きなのよね。

★onorinbeckさんへ
気になる節穴でしょう。
ファンダーを覗いてて気付いたんです。
その穴を覗いたら向こうのお宅が見えました^^

★タフィー104さんへ
コメントありがとうございました。
写真だけのブログにしたのでたまにはいいかなぁってテンプレ変えてみましたよ。
木戸は見ませんね、寂しいかも。

★ひばり組らん太郎。さんへ
そうか、そうきたか^^
この中で悲壮な親子関係があるんだね。
by: mu.choro狸 * 2011/11/23 09:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

おもわず
覗きたくなるのは、私だけ?
by: ステップタッチ * 2011/11/23 10:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

おはようございます。
板塀の枯れた感じがいいですね~
ちょこっと前は、何とも感じなかったものが
面白かったり、いとおしく思えたり、
年齢を重ねるのも、楽しみたいものです。
by: paarubi * 2011/11/23 10:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

★ステップタッチさんへ
いえいえ、私もファンダー越しに覗いたよ。
そしたら向こうの家が見えた^^

★paarubiさんへ
年齢的なものかもしれませんが、こういうのが大好きになり気になりだしました。
だから被写体に選んでしまうのかも。
by: mu.choro狸 * 2011/11/23 14:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://tanuki548.blog9.fc2.com/tb.php/1139-6c4202cb
Next Home  Prev

・・

プロフィール

mu.choro狸

Author:mu.choro狸
猫、散歩、いろいろ写真です。
リンクフリーです。
でもお声掛けてね。

★写真アルバム
チョロちゃん

★おきてがみ 

癒し担当大臣

ぼくは小太郎(コタロ)012.4/6に近所で母ちゃんに保護されました。 縦4.27ムー・コタロ 013            あたしはチョロ。没011.1.10 16歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん        ボクはムー。没014,1,23 20歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん お花の注文はこちらから↓ Little*Antique

ランキング参加

ブログランキングならblogram

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

QRコード

QRコード