勝手気ままに楽しんで・・・Ⅱ

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

『白い一日』

2011/11/23(Wed) 14:38
真っ白な陶磁器を眺めてはあきもせず かといって触れもせず 
そんな風に君のまわりで 僕の一日が過ぎてゆく


     11.21 025


目の前の紙くずは古くさい手紙だし 自分でもおかしいし 
破り捨てて寝ころがれば 僕の一日が過ぎてゆく

ある日踏切のむこうに君がいて 通り過ぎる汽車を待つ
遮断機が上がり振り向いた君は もう大人の顔をしてるだろう


                     11.21 031


この腕をさしのべて その肩を抱きしめて ありふれた幸せに 
落ち込めればいいのだけれど 今日も一日が過ぎてゆく

真っ白な陶磁器を 眺めてはあきもせず かといって触れもせず 
そんな風に君のまわりで 僕の一日が過ぎてゆく



これは、「白い一日」小椋佳作詞・井上陽水作曲 です。
昨日から小椋桂の歌をyoutubeで聴きまくってて、小椋桂の歌の中で一番好きな曲です。

お時間ありましたら、「好きな時間。」でこの曲を聴いてみてね。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

人気ブログランキングへ

見に来たよーと知らせるバナーです。
おきてがみ


関連記事
コメント:17 トラックバック:0
コメント:
----

ローズヒップにムラサキシキブ~かな?

小椋圭

秋の雰囲気にピッタリかも。
by: しま * 2011/11/23 14:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは。
ありふれた幸せって・・・なんだろうね。
フツーの幸せがありがたいわ。
今、千葉駅伝見てて・・・後で聞いてみますね。
やっぱり一人解説がいいわ。(笑)
by: paarubi * 2011/11/23 14:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは。
秋のバラと紫色の見が
とってもきれいですね。
背景の明るい感じがいいなぁ~ (*^_^*)
by: usa104 * 2011/11/23 16:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは、muchoro狸さん。

上の白い花はバラですか。
とって綺麗。

歌詞の「白い一日」にとてもよく
似合っていますね。
by: りもママ * 2011/11/23 17:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは
ン?なんの歌だった忘れたけど
よく似てるなぁ・・と思いながら
読んだですよ^^;
そっかぁ小椋桂さんの歌でしたね。
by: ただチャン * 2011/11/23 18:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

寝ころがれば 私の1日が過ぎていく
共感できるわ(^^ゞ
by: yuyuno * 2011/11/23 20:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは♪
この歌は私も大好きです。
懐かしいですね~
2枚目の紫式部、今年は撮り損ねたんですが
こちらで拝見できて嬉しいです^^
by: tairiku * 2011/11/23 20:56 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは♪--

なんだかいろいろな情景が浮かぶ歌詞ですね~。
こういうのが本当の詞なんだろうなぁ。
しかもこの歌詞の作曲が井上陽水ってところがハマってますよね~。
この2人でしか出せない世界観って感じがします♪

P♪
by: satoru * 2011/11/23 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは!
小椋桂プラス井上陽水だなんて、最高ですよねぇ。
胸キュンです。
小椋桂の歌詞は、詩でありながら散文のような造りで、不思議な感覚です。
でも好きですよ~☆
by: うふふ * 2011/11/23 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは、
 
 小椋佳ですね、この曲良いですよね。
作曲は陽水だったんですね。そう言われてみるとメロディラインが陽水だな~って気がします。
うちは、僕も、家内も陽水ファンです。コンサートにも行っとります!
by: onorinbeck * 2011/11/24 00:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

真っ白な陶磁器・・で
ああ小椋桂だ~~~!
懐かしいですねえ
ちなみに浜松市の歌なんかも作ってますよ(笑)
by: タフィー104 * 2011/11/24 04:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

てっきり小椋佳作詞、作曲
それを井上陽水が唄ってるもんだと思ってました。

この2人の共作とは知りませんでしたぁ
どちらのバージョンも彼ららしさが出てていいですね。
by: ひばり組らん太郎。 * 2011/11/24 04:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

★しまさんへ
最近お花を撮ってなくて久しぶりにです。
白いバラは時期だとめいっぱい沢山咲いててホントに綺麗なの。
赤い実が可愛いよね。

★paarubiさんへ
普通がいいです。
というか普通でいいんでうよね、それを幸せと感じましょう。
千葉駅伝やってたんですね。アンカーが走ってるとこだけ見たわ^^瀬古さんの解説は面白いよね。

★usa104さんへ
たまには明るい写真もね^^
もう少し青空だったらお花も実も映えたでしょうね。まぁ、買い物帰りの散歩写真ですからね。

★りもママさんへ
薔薇なんですよ。
塀から溢れんばかりにいっぱい咲くんですよ。ここを通るといつも眺めています。
「白い一日」の歌詞のように何もしないうちに一日が暮れていく私の生活です^^
by: mu.choro狸 * 2011/11/24 08:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

★ただチャンさんへ
この歌大好きなんです。
あらためて歌詞を読むとなんだかやっと理解できるような。
陽水の若い時の歌声が澄んでて素敵なのよ。

★yuyunoさんへ
アーハハハ!
私もそういう生活なのよ。
改めて歌詞を読んだらかなり共感できるような^^

★tairiku さんへ
ムラサキシキブはもう少し早ければ葉も緑で綺麗だったんですけどねぇ。
枯れかかったのも秋っぽくていいかな。

★satoruさんへ
70年代の歌はいいですよー。
私が20代だったからでしょうか、詩が今と違って哀愁があるでよ。
あの頃の陽水もいいんだなぁ、大好きよ。
by: mu.choro狸 * 2011/11/24 08:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

★うふふさんへ
最高なコンビですよね。
詩は情景が思い浮かび、曲は流れるような旋律でもうたまらんです。
なぜこの歌が一番好きなのかはわかりませんけど。

★onorinbeckさんへ
いた!陽水の良さが解る人が!
小椋桂と吉田拓郎のコンサートには行きました。残念ながら陽水は行ってないのよー。
今は当時に比べると高音があまり出ないようになったけど、あの声あの曲大好き。

★タフィー104さんへ
いいですよねぇ。
「シクラメンのかほり」が有名だからこういういい歌が今聴けなくてね。
「俺たちの旅」の曲もいいですよね。

★ひばり組らん太郎。さんへ
今聴くと、陽水の方が哀愁があってこの歌は好きかも。
でもゴールデンコンビですよ。たまんねぇです!
by: mu.choro狸 * 2011/11/24 09:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

ローズヒップも採れて花も観賞出来るなんて
なんて薔薇か気になります(笑)

素敵な歌詞と写真が妙にマッチしていますね~。
この歌、知らないけどじっくり聴いてみますね(*^_^*)
by: ROUGE * 2011/11/24 09:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

★ROUGEさんへ
なんて薔薇なの、これ。
ツルバラなのです。いっぱい咲いてる時期は美しくていつも見とれています。
お時間ある時井上陽水で聴いてみてね。
by: mu.choro狸 * 2011/11/24 15:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://tanuki548.blog9.fc2.com/tb.php/1140-d410db80
Next Home  Prev

・・

プロフィール

mu.choro狸

Author:mu.choro狸
猫、散歩、いろいろ写真です。
リンクフリーです。
でもお声掛けてね。

★写真アルバム
チョロちゃん

★おきてがみ 

癒し担当大臣

ぼくは小太郎(コタロ)012.4/6に近所で母ちゃんに保護されました。 縦4.27ムー・コタロ 013            あたしはチョロ。没011.1.10 16歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん        ボクはムー。没014,1,23 20歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん お花の注文はこちらから↓ Little*Antique

ランキング参加

ブログランキングならblogram

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

QRコード

QRコード