勝手気ままに楽しんで・・・Ⅱ

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

22℃の日曜日

2012/09/24(Mon) 07:02
で、今日は30℃にまた戻るらしい。そんなバカな^^

page_20120924063841.jpg

ベランダで90mmマクロで遊んでみる。


なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日― 門田隆将/著 新潮文庫

光市母子殺害事件で残された彼の闘う8年間を追った著書です。ドラマ化されて夕べはその前編でした。
犯人は少年法で守られた当時18歳。テレビで見る彼は冷静に記者会見をし強い信念を持ち合わせた人なんだという印象だった。
自分に置き換えたらまったく自信がない。しかし冷静なんかじゃなかったのです。司法と闘い、そして生きてこれたのも周囲の大きな支えがあったのでした。

何度泣いてしまったか・・・本も読んでみようと思いました。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

banner.gif



関連記事
コメント:15 トラックバック:-
コメント:
----

おはようございます。

日曜日は、一日中雨で最高気温が21度。
Tシャツでは寒く、長袖のカッターシャツを羽織っていました。

読書の秋、本を読むのもいいですね。
私ゃ目の方が弱くなって、長いこと読書から遠ざかっています。

by: 茶々 * 2012/09/24 07:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

おはようございます!
マクロ撮影綺麗ですねー。ウチの奥さんマクロ撮影したいって言ってますが、マクロレンズって高いのでオアズケにしてます(笑)
by: onorin0905beck * 2012/09/24 07:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

おはようございます。
岩国に行ったとき、光市を通りました、この事件のことを思いました。
フツーの幸せな生活が根こそぎ無くなったような事件でした。
マクロ、きれい!
今週、写真教室でお花を写しに行くのに、迷ってたけど・・・マクロ持って行こう。
by: paarubi * 2012/09/24 07:59 * URL [ 編集] | page top↑
--おはようございます♪--

えっ!?ドラマ化されていたのですか!( ̄口 ̄*
見たかったなぁ。残念。
でも本を読んだ方がより細かい内容も読み取れるからボクも原作を読んでみようかなと思いました。
今読んでる小説が上下巻の長編なのでしばらくかかりますが、それが終わったら読もうかな。
でも、内容が凄すぎて受け止めきれるかどうかちょっと自信ないかも。

イヤ!こういう話題から逃げてちゃいけないな。うん読もう!
と思ったのでした。

P♪
by: satoru * 2012/09/24 09:40 * URL [ 編集] | page top↑
----

マクロって憧れです。いいなぁ~
残酷で悲しくて忘れられない事件ですね。
映画も本も見るのはちょっと辛い気がします。
by: yuyuno * 2012/09/24 20:59 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは^^--

写真、さすがです!素晴らしいです~\(^o^)/

>門田隆将

この方はフルスイングのモデルとなった

「甲子園への遺言」を読みました。

読んでみたいですね、本村さんの本・・
by: 日南海岸黒潮市場店長フルサワ * 2012/09/24 21:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは、狸さん。

まだ、腰の方ちょっとダメな感じでしょうか。

ベランダのお花がとても素敵。

そして、興味深い、ノンフィクションですね。
私も読んでみたくなりました。
by: りもママ。 * 2012/09/24 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは♪
マクロ、素敵な雰囲気に撮られていますね。
ドラマ化されたの知りませんでした・・・
本、読んでみたいです。
by: tairiku * 2012/09/24 22:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

ベランダで撮影したって言わなきゃわからないですよ。
どこかのスタジオで、照明をいっぱいあてて
撮ったみたい。

あの事件、ドラマ化されたんですね。
怒りと悲しみを押し殺して、冷静を保ちながら、
記者会見する彼の姿は、目に焼きついてますよ。
きっとこの人は、今全身が震えているんだろうな~と
思いながら見ていたのを覚えてます。
少年法で守られていた犯罪の壁を突き破ったのは、
彼の努力が大きいのではないでしょうか。
by: sae * 2012/09/24 22:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

わぁ~。綺麗ですね~。
マクロですか~。
私も撮りたくなって来ました^^
応援です☆
by: peko * 2012/09/24 22:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

マクロの写真、美しいですね。
楽しそう~☆

テレビでの会見を見るたびに、しっかりした方だなぁといつも感心しています。
どんなにか辛いでしょうね。
法律とは一体誰のためのものなんだろうと考えてしまいますね。
by: うふふ * 2012/09/24 23:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

印象に残ってる事件のひとつですね
ヒトがヒトを殺めるって、どんな理由だろうが嫌だなぁ 絶対あっちゃいかん

もう一度向き合うのに
本、ぜひ読んでみたいです。
by: ひばり組らん太郎。 * 2012/09/25 05:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

★茶々さんへ
昨日は暑くてもやはり空気は涼しかったんですよ。でも今日また雨で秋らしい気温になってます。
私も目はからっきしダメです。カメラのピントも合わせられないし(笑)

★onorin0905beckさんへ
たまに遊ぶにはマクロ1本あったら楽しいかも。
これはタムロンだから安いんですよ。でも、あまり使う頻度が低いです。いらないかもね^^

★paarubiさんへ
裁判では知りたくもない事実が出てきます。それを歯をくいしばって聞かなくてはならなくて・・・残酷です。
幸せな家庭があっという間にどん底に落とされるなんて考えても辛いです。

★satoruさんへ
このドラマはWOWOWでした。
細かいことまで知るには本でしょうが、私も読み続けられるか不安です。
satoruさんも自身に置き換えたらかなり辛いし、犯人を殺したいと思うかも知れませんね。
by: mu.choro狸 * 2012/09/25 10:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

★yuyunoさんへ
マクロレンズはあったらいいけど私的にはあまり必要ないかなぁ・・なんてね^^
酷い事件で起きるものですね。私も彼の立場なら犯人を殺しに行くかも。

★日南海岸黒潮市場店長フルサワさんへ
NHKでドラマになった、打撃コーチの方の話ですよね。これもいいドラマに出来上がってましたよね。

★りもママ。さんへ
雨だったのでベランダで撮ってました。
現実は小説よりもむごいです。彼を見てて息子たちがこうだったらと考えたら涙が止まらなくて。辛いドラマでした。

★tairikuさんへ
マクロはやはりなかなかピントが合わず私には難しいです^^
なぜあんなに揺るがない信念を持ち続けられたのか私も知りたかったんです。
by: mu.choro狸 * 2012/09/25 10:23 * URL [ 編集] | page top↑
----

★saeさんへ
全国の皆さんが同じように思って彼を見守っていたのかもしれませんね。
辛かった彼も結婚したのですよね。その方が気持ちが落ち着くでしょうし、幸せになってほしいですものね。

★pekoさんへ
ピントが甘くて大きい画像でアップできません^^
pekoさんは上手ですものね。勉強しなくちゃです。

★うふふさんへ
加害者の人権は大きくとりあげられてますが被害者の家族は我慢するしかないなんて不条理な法律ですよね。
少しずつ変わっていくのでしょうが。

★ひばり組らん太郎。さんへ
自分のことしか考えられなくなってるから殺してしまうのでしょうね。
殺人は3人から死刑に出来るって知ってました?一人殺しただけでは死刑にならないのですよ。納得いきません。
by: mu.choro狸 * 2012/09/25 10:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

・・

プロフィール

mu.choro狸

Author:mu.choro狸
猫、散歩、いろいろ写真です。
リンクフリーです。
でもお声掛けてね。

★写真アルバム
チョロちゃん

★おきてがみ 

癒し担当大臣

ぼくは小太郎(コタロ)012.4/6に近所で母ちゃんに保護されました。 縦4.27ムー・コタロ 013            あたしはチョロ。没011.1.10 16歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん        ボクはムー。没014,1,23 20歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん お花の注文はこちらから↓ Little*Antique

ランキング参加

ブログランキングならblogram

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

QRコード

QRコード