勝手気ままに楽しんで・・・Ⅱ

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

夕方色に染まる。

2013/08/11(Sun) 09:25
DSC_7900-001.jpg





DSC_7904-002.jpg

医療費制度改革など今後の社会保障改革についてテレビでやっている。
高齢者の個人負担を2割に引き上げる。とかなんとか・・・・

そもそもあまり病院にも行かない私だけどもっと高齢になったら行かざるを得なくなるよね。
国の負担増の原因は老人が増え老人の病院通いももちろんあるけど、病院が稼ぐために薬を大量に出すのが一番大きいと思うのです。

どこが痛くて病院に行ったのか覚えてないけど、大量の湿布薬と痛み止めと胃薬を処方された事がある。
痛み止めを飲めば胃が荒れるから胃薬が必要になる。
薬嫌いな私が痛み止めなど飲むはずもなく、湿布薬も2枚くらい使っただけであとはどうなったか覚えていない。

薬は病気を治すものではなく進行を止めるもの。飲めば飲むほど臓器は傷みつけられる。
病院改革が先なのでは。

病院嫌いなので掛かりつけの先生が私にはいないのがちと不安。ドクター2の”相良先生”みたいな人いないかなぁ。
”相良先生”に優しく言われたら、薬飲んじゃうよ^^




いつもポチッをありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



        携帯やスマホからはこちら⇒ 写真ブログ 日常写真





関連記事
散歩 コメント:9 トラックバック:-
コメント:
----

最近は医薬分業なので
病院は沢山薬を出しても儲からないのです。
儲かるのは薬屋さん。
なので、ちょっと違うかな・・・

病院も結構苦しくて、大変みたいです。
患者に良い病院ほど儲からなくて良い医者を雇えず
長期療養患者や難病患者を受け入れない非情な病院は儲かって
良い医者を雇って余計に反映する悪循環です。
小泉改革で病院の質が変わってしまいました。
私なんて、たらい回しです(^^;
by: ROUGE * 2013/08/11 18:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

かかる前に相談に乗ってもらえるし
○○沼中央病院はとっても親切ですよ
by: ひばり組らん太郎。 * 2013/08/12 01:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

おはようございます。

日没時のほんの数十分程の薄明のマジックアワー
限りなく影の無い景色が好きです。
by: 茶々 * 2013/08/12 08:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは~

私も病院嫌いですよ~。
動けなくなるまで我慢するタイプです。
20年ほど前に、たまたまとてもいい先生に出会えたので、
かかりつけの病院だけは確保してあるんですけどね。
たまにしか通わなくても、かかりつけの病院だけは
見つけておくと便利ですよ。

夏の夕暮れのお写真は、見ているだけでヒグラシの声が聞こえてきそう。
今年は暑い割りに夏の空を一度も見ることがなく、
あっという間に秋が来てしまいそうで、ちょっと寂しい気もします。
by: sae * 2013/08/12 10:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

何でもセール
マネキンの腕に値札があったら笑えるd(^-^)ネ!
by: みゆきん * 2013/08/12 12:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

★ROUGEさん
そうか、薬局が別になったあの時点で会計は違うのね。という事は問題は薬品会社ってことよね。
でも、医者も薬を処方過ぎるのはなぜ?
全然わかりません^^

★ひばり組らん太郎。さん
習○野第○病院と谷○の保険病院でドックを受けたことあるんだけどどっちもどっちかなぁって思ってたの。
何かあったら○○沼中央病院に行ってみるね、ありがと。

★茶々さん
陰のない景色・・・・なるほどね、陽が落ちた時間帯ですよね。いいですよねぇ。

★saeさん
かえって病院通いをいつもしてる人の方が長生きするとかいいますよね。
かかりつけの病院は作っておくようにしますね。
秋に早くなってもらいたいです。だって出掛けられないんだもの^^

★みゆきんちゃん
マネキンの腕もセール中って見えるよね。
散歩中に何気に見た光景なのでした^^
by: mu.choro狸 * 2013/08/12 13:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

【医者も薬を処方過ぎるのはなぜ?】

標準治療をしていないと、訴えられたり、クレームの対象になってしまうからだそうです。
それぞれの病名に対して標準治療という大まかな治療方針(マニュアル)が決められています。
これに沿ってやるべきことをやっていれば、例え容体が悪化してもさしたる問題にはなりませんが、万が一薬を処方しておらず、容体が悪化した場合、「やるべきことを怠った」とみなされ、医療裁判などに発展するケースがあります。
また、医者は原則、「診療拒否をしてはならない」と定められており、「薬を出してくれない=治療してくれない=診療拒否」となると、最悪の場合、医師免許はく奪となるのだそうです。

ただ、もちろん薬の処方が病院や医師の収入源の一つであることは確かです。
保険診療をしている限り、標準治療以外で収入を得ることは出来ませんからね。
薬が売れて儲かるのは製薬会社の一人勝ちですが、医学研究費のほとんどを製薬会社や医療機器メーカーに頼っている現実である以上、「薬天国=日本」の構造は破られないでしょうね。。。

それでもようやく、mu.choro狸さんのように「薬には副作用がつきもの」「薬は両刃の刃」と認識される方が多くなりました。
出来る限り、治療よりも「予防」を、それでも病気になってしまった時は「自己治癒力を高める」(例えば風邪をひいたら温かくしてゆっくり休むなど)が実践されると良いと思っています。

薬を全て否定するわけではありません。
必要に応じて(特にタイムリーに)薬(西洋医学)が必要となるケースはたくさんあると思います。
ただ、医師主体の治療法で「ありがたく薬を頂く」のでは、自分の体を本当に大切にしていると言えるだろうか?と疑問に思うのです。

「ドクターズルール425」(医者の心得集)より
「同時に使う薬は3種類か、多くても4種類まで。4種類を超え、5種類以上になると、神の領域となり大変危険である」
「投与薬の数が増えれば、副作用の起こる可能性は指数関数的に高くなる」

長文になってしまい、申し訳ありません。
この手の話題になると、ついついムキになってしまいます^^;
書かせて頂いた内容はe-クリニックの岡本裕(ゆたか)先生からの教えです。
もしご興味がありましたら著書をご覧くださいませ。





by: サプリメント管理士 * 2013/08/12 21:44 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/08/13 09:37 * [ 編集] | page top↑
----

ココ二日間コメント欄がないの
自分のパソコンだけじゃないよね?
by: ひばり組らん太郎。 * 2013/08/14 05:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

・・

プロフィール

mu.choro狸

Author:mu.choro狸
猫、散歩、いろいろ写真です。
リンクフリーです。
でもお声掛けてね。

★写真アルバム
チョロちゃん

★おきてがみ 

癒し担当大臣

ぼくは小太郎(コタロ)012.4/6に近所で母ちゃんに保護されました。 縦4.27ムー・コタロ 013            あたしはチョロ。没011.1.10 16歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん        ボクはムー。没014,1,23 20歳。クリックするとお別れの記事です。 チョロちゃん お花の注文はこちらから↓ Little*Antique

ランキング参加

ブログランキングならblogram

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。